CARE Child-Adult Relationship Enhancement

CARE」には、子どもとの関係をよりよくできる

ヒントが詰まっています。

 

プログラムの背景と特徴

 CAREChild-Adult Relationship Enhancementは、子どもとよりよい関係を築く時に大切な養育のスキルを体験的に学ぶことができる、トラウマインフォームドなプログラムです。CAREは治療のためのものではなく、子どもとかかわるすべての大人を対象にしています。エビデンスに基づいた治療法や、ペアレンティングプログラムで用いられている考え方に現場の声を取り入れて、2006年に米国オハイオ州シンシナティ子ども病院で開発されましたプログラムの名前は、以下の頭文字をとったものです。

 

   C:Child      子どもと

   A:Adult      大人の

   R:Relationship  関係を

   E:Enhancement  強化する

 

 

CAREの対象

 親・養育者はもちろん、いろいろな現場で子どもとかかわる専門家など、すべての大人の方に向けて実践できます。想定されている子どもの年齢は2歳前後から思春期が中心となっています。

 

 

プログラムの内容

 大きく2つのパートからなっています。前半は、主に子どもとの関係を築く際に大切な「3つのスキル」(具体的にほめる、くり返す、行動を言葉にする)などを中心に、問題行動に対処するための戦略的無視のスキルなども学びます。

後半は、子どもがより従えるように、効果的で良い指示を出すためのスキルを学びます。

また、CAREは、トラウマを受けた子どもが見せる様々な行動や問題にこのスキルを用いることを概念化できるように、トラウマに関する視点も含んでいます。

  

 

トレーニングのガイドライン 

基本的には、講義やロールプレイなどからなるワークショップ形式で、3時間半から4時間程度で実施することができます。1回で実施することも可能ですが、複数回にわけることで、フォローアップの要素などを盛り込むことができます。

  また、実践的なスキルトレーニングを十分に行いたい場合は、さらに時間をかけて複数回での実践を行うことになります(2時間×3回など)。

 


CAREを学んだ人々の声

 

  • ポジティブな関係を子どもと持とうと前向きに思えた
  • 自分の関わりかたを振り返るきっかけとなった
  • ロールプレイを通して、楽しみながら参加することができた
  • 今まさに子どもとの関わりで悩んでいたことに答えてもらえた
  • 「ほめる」ことの子どもにとっての意味がわかった。エクササイズがあったことで実感を伴うことができた

    ・・・など、たくさんの言葉が寄せられています。

    子どもとの関係があたたかなものになり、子育てや子どもとの関わりがより楽しくな

    るためのヒントが詰まっています。